安中市のご紹介

峠の文教都市安中。群馬県安中市(あんなかし)は、リゾート地で有名な長野県軽井沢町と、世界遺産冨岡製糸場のある富岡市の隣にあり、それぞれ車で30分の距離。多くの人からは「鉄道の聖地」、「峠の釜めしの街」と覚えられていますが、実は、意外な見所も多い街。廃線を歩ける日本最大の鉄道遺産群。全国で2社だけとなった現役の製糸工場。江戸時代の中山道の面影を残す町並みと、旅人が育ててきた峠の食文化。明治・大正には財界人の避暑地として隆盛を極めた温泉街。旅のついでに、安中市の「峠と文教」の物語をのぞいてみませんか。

めがね橋と鉄道遺産群


通称「めがね橋」として知られる国内最大のレンガ造りアーチ橋をはじめ、旧国鉄最大の難所であった碓氷線の廃線跡が今も残る貴重な産業遺産です。

峠の湯・アプトの道


軽井沢アウトレットからの帰り道に気軽に立ち寄れる「峠の湯」。
JR横川駅から続く遊歩道「アプトの道」ウォーキングの休憩にも最適です。

碓氷峠鉄道文化むらとトロッコ列車


碓氷峠専用機関車「EF63」の運転体験もできる鉄道文化むら。
園内から出発するトロッコ列車で峠路探訪を。

新島襄と文教の街・旧中山道

同志社設立の祖「新島襄」を輩出し、小さな藩でありながら文教の街といわれた安中。
旧中山道沿いに江戸の風情も偲ばれます。

四季の花々と紅葉・新緑


関東随一の名所として名をはせた秋間梅林や、人気のロウバイ。
童謡「もみじ」の舞台となった碓氷峠など、四季毎の名所があります。

文明開化の歴史と歩んだ温泉地


明治憲法の草案が練られたかつての山奥の秘湯「霧積温泉」。
明治から大正に首都圏の避暑地として発展した磯部温泉は、世界遺産冨岡製糸場から最も近い温泉地です。

安中市のご紹介

安中市観光協会
ボランティアガイドや、パンフレットの情報はこちらへ
碓氷交流記念財団
日帰り温泉「峠の湯」や「鉄道文化むら」のリアルタイムの情報はこちらへ
安中市商工会
地元民しか知らない個性的なお土産の情報はこちらへ
安中市松井田商工会
松井田地域の特産品情報などはこちらへ
恵みの湯
磯部温泉にある日帰り温泉の詳しい情報はこちらへ