安中市の観光情報

日本最大の煉瓦式アーチ橋である「めがね橋」で知られる鉄道遺産群。童謡「もみじ」の舞台である錦秋の碓氷峠。情緒漂う磯部温泉。戦後に一世を風靡した梅の名所、秋間梅林。安中市は、花と峠と鉄道遺産の街です。

  • 碓氷峠を生かした観光
  • 磯部温泉
  • 花の名所を紹介
  • 襄城ヒストリート
  • 旧中山道情報
  • 物産情報

碓氷峠を生かした観光

紅葉

有名な童謡「もみじ」作詞の舞台となったほど見事な碓氷峠の紅葉。「めがね橋」や「碓氷湖」などのスポットを、遊歩道「アプトの道」を辿りながら散策しましょう。

address 碓氷峠(碓氷湖・めがね橋、熊ノ平など)
tel 027-382-1111
ホームページを見る

アプトの道

アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~めがね橋の間の約5kmを遊歩道として整備されました。アプトの道は国の重要文化財である旧丸山変電所をはじめ3つの橋梁と5つの隧道があり、めがね橋を代表する鉄道煉瓦構造物群などの碓氷峠鉄道遺産にふれることができます。

address 安中市松井田町横川・坂本地内
tel 027-382-1111
ホームページを見る

めがね橋

通称「めがね橋」として親しまれている煉瓦アーチ橋で径間数4、長さ91m、高さ31mでわが国最大の煉瓦づくりアーチ橋です。明治25年に完成し、アプト式鉄道を支えてきましたが、昭和38年新線開通に伴い廃線となりました。平成5年に国の重要文化財に指定され、平成14年廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」として現在は橋上を歩くことができます。

address 安中市松井田町坂本地内
tel 027-382-1111
ホームページを見る

旧丸山変電所

明治45年横川~軽井沢間の電化に伴い建設された施設です。横川側の建物は蓄電室、軽井沢側が機械室の2棟の建物になっています。昭和38年新線開通とともに役目を終えましたが、平成6年国の重要文化財に指定され、平成12年復元工事が実施されました。現在見学は外見のみで、中の公開はしていません。

address 安中市松井田町横川地内
tel 027-382-1111
ホームページを見る

鉄道文化むら

碓氷峠の鉄道の歴史を展示する鉄道資料館、実際に乗車できるSLや鉄道模型、野外展示ゾーンには蒸気機関車や電気機関車などがずらりと並んでおり「見て、触れて、体験できる」をテーマに平成11年に整備されました。また、遊歩道アプトの道と平行して「文化むら」から「峠の湯」間をトロッコ列車が走り、家族づれや鉄道ファンで賑わっています。
※年末年始(12/29~1/4)は休み

address 安中市松井田町横川407-16
tel 027-380-4163
ホームページを見る

おぎのや横川本店

益子焼の土釜に鶏肉・筍・椎茸・ごぼう・栗・杏子など9種類の具材とご飯。昭和33年発売当初よりご好評をいただいております。

address 安中市松井田町横川399
tel 027-395-2311
ホームページを見る

おぎのやドライブイン 横川店

益子焼の土釜に鶏肉・筍・椎茸・ごぼう・栗・杏子など9種類の具材とご飯。昭和33年発売当初よりご好評をいただいております。

address 安中市松井田町横川297-1
tel 027-395-2431
ホームページを見る

おぎのや横川駅売店

益子焼の土釜に鶏肉・筍・椎茸・ごぼう・栗・杏子など9種類の具材とご飯。昭和33年発売当初よりご好評をいただいております。

address 安中市松井田町横川399
tel 027-395-2311
ホームページを見る

碓氷湖

碓氷湖は坂本ダムにより碓氷川と中尾川の合流点をせき止めてできた豊かな緑に囲まれた人造湖で、一周1.2kmの遊歩道が整備されています。鉄道廃線敷を整備した遊歩道「アプトの道」の途中にあり、めがね橋をイメージした朱色の橋がかかる湖面には周囲の木々が映え、ウォーキングの立ち寄り場所として多くの観光客が訪れています。

address 安中市松井田町坂本
tel 027-382-1111
ホームページを見る

妙義湖

山と森林に囲まれた妙義湖。湖面には荒々しい裏妙義の岩山が映し出されています。桜や深緑、紅葉と四季折々の自然が美しく、ボート遊びや釣りも楽しめます。冬季のオシドリの飛来地としても知られています。

address 安中市松井田町坂本
tel 027-382-1111
ホームページを見る

アクティビティ

ガイドつきの廃線ウォーキングや、工女さんの衣装でタイムトリップ。安中地域でしかできない体験を楽しむプログラムを集めました。

tel 027-382-2828
あんとりっぷ冊子