1. HOME
  2. 鉄道遺産シリーズ トートバック大

鉄道遺産シリーズ トートバック大

¥2,100

碓氷第3橋梁通称めがね橋は、JR旧信越本線横川駅~軽井沢駅間の碓氷川にかかる4連アーチ橋です。長さ91m、高さ31mの総煉瓦作りで国内最大級です。1893(明治26年)の開通から1963(昭和38年)碓氷新線開通により廃線になるまで70年間アプト式鉄道を支えていました。平成5年に国の重要文化財に指定され、平成14年廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」として現在は橋上を歩くことができます。
デッサン風のモノクロモチーフがポイントです。

ED42は碓氷線専用に製造されたアプト式電機機関車で、線路中央に敷かれたギザギザのラックレールとかみ合う歯車が取り付けてあるのが特徴です。1934(昭和9年)~1963(昭和38年)まで碓氷線で活躍しました。モチーフには、勾配を示すプレートとラックレールまで細かく描かれています。

本体 330㎜×340㎜×90㎜ / 持ち手 約25㎜×520㎜
A4書類が縦に入るサイズです。
両デザインとも、布地はシンプルなキャンパス、色は飽きのこない生成りです。ロットにより多少色の違いがあります。ご了承ください。

クリア
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。

追加情報

デザイン

めがね橋, ED42

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。